売掛金トラブル解決法

売掛金回収のトラブルを如何にしてよりスムーズに、取引先との関係を悪化させることなく解消するかという問題は大きいものです。そして、それを手助けすることができるのが弁護士の知恵です。弁護士に売掛金回収を依頼した場合には、まず売掛金の支払いをしてくれない取引相手を交渉のテーブルに着かせることを目指します。

会社名や個人名での売掛金の請求よりも弁護士の名前の入った書面での請求は相手に対して深刻なイメージを伝えることができます。そこで支払いする気持ちや交渉の余地のある場合には、相手からの任意での支払いや交渉を申し出てもらえる可能性が高くなります。

交渉で解決出来ない場合には、裁判所を利用した解決方法を実行します。調停や訴訟を行う場合には、弁護士に立ち会ってもらったり、弁護士に一任することができます。調停、少額訴訟、通常の訴訟とそれぞれの方法によって書類の準備や手続は複雑になっていき、経験や知識のない人には難しくなるため、弁護士に難しいことを代行してもらうことになります。最終的に強制執行を行う場合にも、財産の調査などがあらかじめ必要となっているため、こうした調査も弁護士に依頼しておくか、調査会社を紹介してもらっておきます。